愛犬・愛猫の身近な危険について

愛犬・愛猫の身近な危険

いろいろな飼い主さん、ブリーダーさん達の質問
「免疫を高める方法って何でしょう?」
「どんな食べ物がよいのですか?」
そして、 「人間用のアガリクスを半分与えているんですが、 いいんですよね?・・・・」と。

実は、これ、危険な考えなのです。
動物にサプリメントをあげるという概念があまりないものですから、 飼い主さんも獣医師の先生も、 何も考えずそのまま人間用のものを動物に与える方がいます。
まだ飼い主さん個人がそのものを飲んでいたり、 先生自身がいろいろな動物で投与量の経験値を積んでいるのならまだしも、 わざわざ人間用を購入し、そのまま与える方がいらっしゃいます。 危険です。
普段私達が口にしている食物のなかにも危険がいっぱいです。
間違った見方をしている方が多くいらっしゃいます。

身近な食べ物の危険
ネギは危険
先ず「ねぎ」に含まれる成分は、イヌは溶血性貧血をおこしますし、 ネコは中毒症状をおこします。

カレーは危険
「カレー」も良くありません。
カレーにチョッと味を利かす「にんにく」やスパイス類は、 犬の鼻を麻痺させてしまいます。

チョコレートは危険
「チョコレート」も危険物です。
カフェインやテオブロミンという化学物質が含まれており、 刺激物ですから犬の心拍数を上げてしまいますし、 猫は中毒症状を引きおこします。

牛乳は注意
「牛乳」をあげるのも注意して下さい。
「ラクターゼ」という消化酵素を十分に持ち合わせていないので、 一度にたくさんの量を与えるのは気をつけてあげてください。

まだまだ犬に危険な食べ物はあります。

健康食品といえども副作用が無いとは言い切れません。
効果の無いものでも副作用があるものもあるかもしれません。

人間が飲むサプリメントを安易に半分量あげて、 もし良くないことがあれば一大事ですし、 効果を見極めるだいたいの容量もわかりません。

かわいい我が子(ペット)にあげるのですから、 是非、動物用として根拠のある製剤(サプリメント)を選定されるのが賢明です。

パンフェノンは安全性も効果も実証されています。
どんなコにも100%合うという保証は残念ながらありませんが、全世界約2000カ所の動物病院で採用されています。

このページのtopに戻る

パンフェノンお試し情報topに戻る

このページでは、愛犬の健康についてお悩みの訪問者の方が、スケアクロウのペットの健康補助食品、犬、猫用サプリメント「パンフェノン」を安い価格、料金で通販や申込ができるように、楽天などのお店の販売店を調べ、激安、格安、最安値、送料無料で購入できるかどうか、お試し、トライアルセットがあるか、ポイントは?値引きは?などの情報を紹介する予定です。公式サイトやブログ、コマーシャル、CMなどを情報源に、口コミ、クチコミ、レビュー、使い方、使用方法、選び方、やり方、飲ませ方などを調べて、感想、評価、評判などを参考に、効果、結果、成果、メリット、デメリットなどについても調査していきます。